おすすめの妊娠線予防クリーム比較ランキング

カテゴリ:妊娠中の気になる事

記事の種類:妊娠線

妊娠線ができやすい要因とは?

妊娠線は肌の乾燥やコラーゲンの減少により表皮の下にある真皮の弾力性が減少した場合に、妊娠による肌の伸びに耐えきれなくなり、亀裂が生じることで発生します。

具体的には、一般的に以下に該当する方が出来やすいと言われています。
  • 乾燥肌である
  • 急激な体重増加がある
  • 多胎妊娠の方
  • 経産婦の方
では順番に詳細を解説していきます。

乾燥肌

肌は特に乾燥に弱く、乾燥した状態は真皮の弾力性が著しく損なわれ、非常に妊娠線が出来やすい状態になります。
そのため、乾燥肌の方は特に十分な保湿が大切なのです。

急激な体重増加

肌がゆっくり伸びる場合は真皮もある程度は対応出来ますが、急激に伸びる場合は対応しきれずに裂けてしまいます。
これはパン生地に例えると分かりやすいですが、ゆっくり伸ばせば生地は破けませんが急激に伸ばすと表面が破けて見た目の悪いパンになるのと同じです。

一般的な対策としてはバランスのよい食事を心がけ、暴飲暴食を避ける事になります。
とはいえ妊婦さんは赤ちゃんの分まで栄養を取らなければならないため、我慢しすぎは良くありません。 あくまでも「適切な食品と量を摂取する」という事を心がける事が大切です。

多胎妊娠

上記とも関連しますが、多胎妊娠の場合、二人や三人分の速度と大きさでお腹が大きくなり、その分、皮が伸ばされるため、肉割れが起きやすくなります。そのため単胎妊娠よりも、より適切なケアが必要です。

経産婦

経産婦の場合は、妊娠を経験しているため子宮が伸びやすく急激に大きくなる場合があるため、急激な体重増加と同様にお腹の皮の伸びるスピードに真皮がついていけずに裂傷が起こりやすくなります。

エイジングケアと同じ

以上の点から妊娠線ができやすい場合は、肌が乾燥し弾力性が少ない、急激にお腹が大きくなる事がある要因や体質を持った方ということになります。ポイントとなるのはやはり肌の保湿と弾力性、バランスのよい適度な食事です。
これらはまさにエイジングケアと同じで、お腹に対してだけエイジングケアをする感覚ですね。

間違ったスキンケアではかえって乾燥肌になる場合もありますので、以下のような実績のある妊娠線クリームを選び適切なケアを心がけましょう。

妊娠線の治療方法とは?

1度できた妊娠線(肉割れ)は、はっきり言って自然には治りません
妊娠線の治療では一般的にレーザー治療低分子ヒアルロン酸の注射が用いられます。

レーザー治療

一般的なレーザー治療では、妊娠線に微細な炭酸ガスレーザー、およびVビームを照射して肌の赤みを吸収、破壊します。
また、微細なレーザー光で伸びた肌を収縮させ、更に線維芽細胞を刺激することでコラーゲンの産生を促し、妊娠線を目立たないようにします。

またフラクショナルレーザー(ドットレーザー)で皮膚に小さな穴を開け、そこに細胞の産生を促す作用のあるペプチド成分を浸透させる方法もあります。

治療方法だけ聞くと何だか怖そうですが、一般的には治療は短時間で終わり痛みもありません

低分子ヒアルロン酸注射

低分子ヒアルロン酸の注入により、患部の弾性を向上させると共に、妊娠線を目立たないようにします。

最優先は妊娠線を作らないこと

上述のように妊娠線の治療は「治す」というよりも傷を破壊し、肌の弾性をアップさせ肌を滑らかにすることで「目立たなくする」治療になります。
そのため一番重要なのは、良い妊娠線予防クリームを使用してそもそも妊娠線を作らないことです。

妊娠線を作らないためには、妊娠線予防クリームによるケアが必要なのですが、市場には非常に多数の製品が存在しており、選択に悩むかもしれません。基本は個々人の体質に合わせた製品を使うのが良いのですが、口コミなどから特に評価の高い製品を以下に紹介します。

1位:プレマーム

「プレマーム」は株式会社ファーストフレンズが販売している肉割れ・妊娠線ケア用ボディクリームです。
プレマームは「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア用のボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

プレマームの特徴

プレマームは主に次の特徴があります。

  • 肉割れ、妊娠線の予防はもちろんアフター同時ケア
  • プレマーム独自のスリースポット方式ケアを採用(基礎+なめらか+バリア)
  • 180日間の満足度返金保証付き
  • 美容成分97.8%高濃度濃縮配合+たっぷり容量の120g(約1ヶ月分)
  • 雑誌掲載+アットコスメでの高評価など
  • おすすめ度87.9%、リピート率84.1%、使用満足度96.3%、なめらか実感84.85
特に特徴的なのは、ボディケア用に独自開発された基礎+なめらか+バリアの3つのケアを実現している点です。

お勧めポイント

以下の方には特にプレマームの使用をお勧めしたいです。

  • 予防もアフターケアにも使用可能なクリームが欲しい人
  • 急な体型の変化で肉割れができてしまった人
  • 肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる人
  • 保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない人
  • 腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる人
  • 全身に使用できる無添加+低刺激処方を探している人
  • お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能なクリームを探している人

成分

成分には肉割れケア用の成分、保湿成分の両方の成分が配合されており、他の高額な妊娠線クリームと比べても遜色ありません

肉割れケアメイン成分

  • レジストリル
  • シラノール誘導体

保湿成分

  • ヒアルロン酸(5種類配合)
  • セラミド(2種類配合)
  • コラーゲン(2種類配合)
上記の成分が配合されていながら価格は1,800円と抑えられており、非常にコストパフォーマンスが高いクリームです。
180日間の満足度返金保証付きですので、まずは1度試してみる事をお勧めいたします。

2位:アロベビーフォーマム

「アロベビーフォーマム」は株式会社SOLIAが販売している妊娠線予防クリームです。

アロベビーフォーマム(ALOBABY for mom)は2018年1月に妊婦さんのためにALOBABYから誕生したブランドです。 多くのママとの対話の中で聞かれた「妊娠中、肌の乾燥がひどくなり、妊娠線ができてしまった」、「忙しくてこまめにクリームを塗るのは難しい」、「体中のかゆみに悩まされた」などの声をヒントに開発されたクリームです。

肌に優しい99%天然由来であり、特に集中&持続型のW保湿および妊娠期のかゆみケアの2つの点に着目した妊娠中ママの悩みに寄り添った妊娠線クリームとなっています。

アロベビーフォーマムの特徴

ヒアルロン酸10倍保湿+24時間持続型保湿のW保湿で妊娠線のない、きれいなお腹を保ち、「絶対に妊娠線を作りたくない!でも肌にやさしい商品を選びたい!」というプレママのために開発された妊娠線クリームです。

妊娠線の予防・ケア成分

  • 集中&持続型のW保湿成分配合で1日中うるおいキープ
    • 集中型:ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ希少な成分「サクラン
    • 持続型:塗った直後だけでなく24時間保湿効果が持続する「アクアキシル
  • 妊娠期特有のかゆみや炎症を抑える7種の植物由来抗炎症成分配合
  • 99%天然由来成分、国産オーガニックで赤ちゃんにも使えるやさしさ

参考実際に妊娠中の肌トラブルを経験した現役ママチームが開発しています。

使用感

  • 伸びの良いテクスチャで、肌なじみがよく浸透力が高い
  • 妊娠中も気にならない超微香、さわやかなネロリのアロマ

3位:ベルタマザークリーム

「ベルタマザークリーム」は妊娠線クリームで有名な株式会社ベルタが販売している妊娠線予防クリームです。

ベルタマザークリームの特徴

以下のような、妊娠線予防のための成分や美容成分、葉酸等を贅沢に配合し、効果や使用感も高評価の製品です。

  • シラノール誘導体を配合
  • 高品質な美容成分を3種配合
  • 葉酸たっぷり配合
  • アミノ酸・ビタミン5種配合
  • 柑橘系のさわやかな香り

なお、ベルタマザークリームについてはこちらの記事で詳細に解説していますので、興味のある方は是非ご参照ください。

公開日時:2014年09月12日 19:08:30
最終更新日時:2022年03月06日 12:02:42

なお、妊婦さんにはよく「葉酸の摂取」が推奨されます。その具体的な理由や葉酸不足の影響等についてこちらの記事で詳しく解説していますので、併せてお読みいただければと思います。

また、妊娠線(肉割れ)の予防には妊娠初期からの予防が大切になります。妊娠線予防クリーム選びに迷っている方は是非こちらの記事も参考にしてみてください。

妊娠中の気になる事に戻る

このページのトップに戻る