必要成分を効率よく摂取して排卵・受精・着床の確率を高める方法

カテゴリ:妊活中の予備知識

記事の種類:妊娠の準備

妊娠を助ける栄養素とは?

妊娠を助ける代表的な栄養素として、不飽和脂肪全粒穀物野菜青魚が挙げられます。
特に、食物性タンパク質の摂取の効果については、野菜をより多く摂取する女性の方が動物性タンパク質を多く摂取する女性に対して不妊の割合が低いことが世界的な統計で示されています。
但し、単に野菜主体の食事をすれば妊娠しやすいかといえばそうでもありません。上に挙げたように必要な栄養素がいくつかあり、それらをバランスよく摂取する必要があるのです。

不飽和脂肪酸は常温でも液体の状態を保っている油を指し、植物性油や青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)が代表として挙げられます。

このため野菜や青魚、全粒穀物をバランスよく摂る食事に切り替えることで、妊娠率を向上できるとされています。

受精後の胎児の成長を助ける栄養素

受精後の胎児の成長を助ける栄養素としては、葉酸鉄分が挙げられます。

葉酸はビタミンBと協調して造血作用があり、神経管の形成を助けることが知られています。葉酸の不足は貧血(葉酸欠乏性貧血)を招き、赤ちゃんの神経や脳の形成における異常である、「二分脊椎症」や「無脳症」を引き起こす原因にもなります。

一方、鉄分の不足は鉄分欠乏性貧血を招く可能性があり、貧血予防のためには葉酸と鉄分の摂取が大切になってきます。

Note鉄分欠乏性貧血は、赤血球細胞内の重要なタンパク質であるヘモグロビンを構成する鉄が不足して起こる貧血です。

妊娠に必要な栄養素を適切に摂るには?

どのような食品にどういった栄養素が含まれているかは分かっても、どのくらいが適用かを知るのは実際には難しいです。かといって必要な栄養素だからと摂りすぎても食事のバランスが悪くなり、妊娠に悪影響を及ぼす可能性もあります。
そのため、妊娠に必要な成分を効率よく、適量を摂取するためにはサプリメントが最適です。

良く知られているように、妊娠には「マカ」の摂取がよいとされています。
その理由は、植物性タンパク質や鉄、亜鉛など上述した妊娠に必要な栄養素が多く含まれているからです。

マカに含まれる主な栄養素

  • カルシウム
  • 植物性タンパク質
  • 亜鉛

Noteマカは原産国のペルーでは「アンデスの人参」とも呼ばれ、非常に珍重されています。

マカ+αが含まれるサプリメント

マカが含まれるサプリメントは数多くありますが、特にお勧めなのは、生マカ2000g相当に加え、ミトコンドリア成分モノグルタミン酸型葉酸も配合されている「マカミア」というサプリメントです。

ミトコンドリア成分とは?

ミトコンドリアは細胞にエネルギーを供給する働きがあり、受精を助ける事が実証されており、不妊治療にも使用されています。
「マカミア」では5つのミトコンドリアをサポートする成分(コエンザイムQ10、メロングリソディン、フルボ酸、オレアビータ、レスベラトロール)が含まれており、ミトコンドリアの働きを助け、受精をサポートします。

モノグルタミン酸型葉酸

葉酸は上述したように葉酸欠乏性貧血による神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させる作用があり、厚生労働省でも摂取を推奨しています。
しかし一方で摂り過ぎは葉酸過敏症を引き起こすため、適量の摂取が大切なのです。
厚生労働省でも「葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではない」と注意を促しています。

これは排卵、受精、着床に必要な栄養素を1粒に凝縮してパッケージ化したサプリメインでの摂取であれば、毎日適量(1日に2粒)を摂取でき、非常に手軽であるだけでなく、安心安全です。

Note「マカミア」に含まれている葉酸はモノグルタミン酸型葉酸であり、食事性葉酸に比べて体の中での利用効率が2倍となり、比較的少ない量で適量を摂取できます。

なお、今、専用ページ限定で「最大71%OFF!初回定期2980円キャンペーン」を行っていますので、お試しいただくにはいい機会ではないでしょうか。

興味がある方は、詳しくは以下のリンク先をご参照ください。

以上、必要な成分を効率よく摂取して排卵・受精・着床の確率を高める方法でした。

公開日時: 2019年08月06日  21:36:49

妊活中の予備知識に戻る

「妊活中の予備知識」に関する他の解説

このページのトップに戻る