葉酸は摂取した方がいいの?葉酸不足の影響や適切な摂り方は?

カテゴリ:妊娠期の予備知識

記事の種類:妊娠管理

葉酸欠乏で起きる可能性のある先天性異常とは?

葉酸が不足していると胎児の成長過程(妊娠4週頃)において、神経管の形成に異常を来し、先天症異常を発症するリスクが高まると言われています。
神経管は中枢神経の基になる器官(神経系の原基)です。
神経管の下部で異常が起きれば二分脊椎症、上部で異常が起きれば無脳症になります。

二分脊椎症とは?

胎児の先天性異常の1つである二分脊椎症は、本来、脊椎管の中に収まっているはずの神経(脊椎馬尾神経)が脊椎管から飛び出した状態です。
このため、神経の癒着や損傷が生じ、様々な神経障害を引き起こします。
外科手術による治療が可能で、一般的には出生後にすぐに実施されます。
但し、膀胱や直腸に障害が残り排尿や排便が困難になります。

無脳症とは?

無脳症は文字通り脳が欠損する症状です。
通常、頭蓋骨のてっぺん部分(頭蓋天蓋部)がなく、脳もないために頭蓋底部(頭蓋窩底部)がむき出しの状態になります。
殆どの場合は死産(約75%)か、もし生まれて来ても生後1週間以内に死亡します。
妊娠4ヶ月頃には診断が可能で、人工妊娠中絶が選択される場合もあります。

なぜ神経管の異常が起きるの?

これらの症状は胎芽の成長過程での神経管の閉鎖不全が原因で起こります。
これは母体の栄養不足などの外因性の因子で発生する事がわかってきています。

ではなぜ神経管の異常が起きるのでしょうか?
神経管は2つの神経板が管状に合わさって生成されます。
まだ根本原因は不明ですが、この神経管の形成時の管状になる前の神経板の融合が正常に行われずに隙間が開いた状態になり、きちんとした管にならない(閉鎖しない)事で閉鎖不全が起きる事が分かっています。

神経管形成異常の発生因子として、母体の栄養不足が要因の1つと見られています。
神経管のような特に複雑な器官には、細胞の分化に十分な栄養(特にビタミンB)が必要です。

しかし薬剤等によるビタミンAの過剰摂取によりビタミンBが不足する事があります。

また妊娠初期には胎児への血液供給のために急激に大量の血液が必要となり、多くの妊婦さんは貧血ぎみになります。
胎芽への栄養供給は血液が担っていますが、貧血により胎芽に栄養が十分に届けられない場合、神経系の形成時期に栄養不足状態となり、細胞分裂が正常に実施されず形成異常が起きるリスクが高まります。
このため、特に妊娠初期では母体側のビタミンBの摂取と造血の促進が必要不可欠です。

もちろん神経管の形成異常が起きるのはごく一部であり、大多数の妊婦さんには関係ありません。
しかし根本原因は不明であるため誰に起きるかはわからない、誰にでも起こりうるという怖さがあります。

葉酸の働きとは?

葉酸は水溶性ビタミンB9群の一種です。
葉酸の働きは大きく分けて以下の2つです。

  • 細胞分裂を助ける
  • 造血作用

細胞分裂を助ける

ビタミンB9は遺伝物質を形成する重要な物質の1つである、核酸を製造します。
核酸はDNAとRNAの合成と修復、細胞分裂、細胞増殖を助け、脳や神経系の形成に重要な物質です。

造血作用

またビタミンB9には造血(赤血球の生成)作用もあり、血液が不足しがちの妊娠初期の妊婦さんの造血を助け、貧血を抑制する働きがあります。

葉酸が含まれる食品とは?

葉酸(ビタミンB9)はホウレンソウの葉から発見されました。
したがってホウレンソウはもちろん、アスパラガスやブロッコリー、豆類にも含まれています。

葉酸の摂取方法は?

毎日ホウレンソウやアスパラガスを沢山摂れば良いと思ってしまいますが、葉酸は水溶性であるため天然の食品から多くを摂取するのは困難です。
このため通常はサプリメントでの摂取となります。

摂取量の目安

1日の摂取量の目安は400μgです。

胎児の発育に良いからといって過剰摂取は良くありません。
葉酸を1日1000μg以上の過剰摂取を続けると、葉酸過敏症になる可能性があります。
適量を毎日摂取するように心がけましょう。
サプリメントであれば摂取量の管理も楽です。

イチオシの葉酸サプリは「Baby葉酸~ママのめぐみ~」です。

「Baby葉酸~ママのめぐみ~」は現役のママが監修した葉酸サプリメントとなります。

実際に妊活から出産を経験した開発者が監修し、赤ちゃんとママさんに必要なもの(葉酸や鉄をはじめ、亜鉛、ミネラル、乳酸菌、美容成分など豪華成分)が1粒に凝縮されています。

そのため、お腹の赤ちゃんに必要な栄養はもちろん、ママの美容までケアできるマルチな葉酸サプリメントとなっています。

葉酸サプリの摂取は今更もう遅いという事はありません。妊活~産後のどの期間の方でも始められます。
まさに、これから生まれてくるお子さんを守る小さな一粒です。

公開日時: 2017年11月06日  20:58:32

妊娠期の予備知識に戻る

「妊娠期の予備知識」に関する他の解説

「妊娠期の予備知識」に関する他の解説はありません。

このページのトップに戻る